meta charset="UTF-8"> 「まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい」読書備忘録 | 会社ダッシュツ

「まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい」読書備忘録

私は合同会社の代表です。

転売で生活しています。

将来的には不動産投資を考えています。

不動産投資にも色々あります。

アパート一棟買いやマンション一室買い、駐車場投資など。

私の行いたいスタイルは、

ボロボロの不動産を激安で借りて、手直しをして貸し出す

です。

数百万でローンせず買えるからです。

銀行から借金する必要なしで、物件価値が下がるリスクも低い。

古本を販売していると分かるんです。

108円で仕入れた本は損しないんです。

売れない本は仕入れないんで。売上ランキング30万以内で仕入れるから。

アマゾンなら1円で売れても損しない。利益も無いんですが。

普通に利益で倍に成る事も多々あるので。

もてざる者は中古のボロで勝負です。

誰も住まない物件は買わないように注意が必要だと思います。


スポンサードリンク


加藤ひろゆきさんの著書は数冊読んで共感しています。

主張は毎回同じで安心して読めますw

以下自分のための忘備録です。みなさんが読む分には価値ないです。

田舎でもその中での一等地を買う

一件目を買う為に1000冊の図面を取り寄せ80件内見し、5件目で買付。650万で購入。

車で自宅から30分以内で買う事。

アットホームなどで物件検索(安い順番でみる)

yahoo不動産、楽天不動産、不動産ジャパン、不動産ナビ、地元のマイナーなHPも。

新聞三行広告で瞬時に見極め

物件エリアをぶらぶら散策

物件条件

近隣駐車場3000以上

国道から1km以内でコンビニ近く

住宅が密集している

角地なら良し

学校と賃貸不動産会社がある

民力で人口動向調査

物件調査は作業着で

 


スポンサードリンク

 

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*