meta charset="UTF-8"> 12月, 2016 | 会社ダッシュツ - Part 2

2016年 12月 の投稿一覧

副業ではうまくいかなかった。素人が株に手を出すと・・・

会社を休むまでの10年弱の間の事。

ダメサラリーマンだと認識した私。

出世は諦めたよ。

昇級が無いと給料がほとんどあがらない。

子供いるし、これじゃ困る!

じゃあどうする?

会社以外からの収入をあげるしかない。

そんな理由ではじめた投資。

株式投資や日経225をはじめた。

素人がろくに勉強もせず手を出した投資。

当然、結果は負け越し。年々貯金を減らし続けた。

そして2011年3月。

当時日経平均が10500円程だった。

株が下がると読んだ私はショートポジション(日経平均が下がれば儲かる)

3月11日14時、東北で大地震発生。

オフィスでは仙台空港が浸水して使用できないというニュースが走った。

へー大変だなぁぐらいの感じで、まだ被害状況が分かっていなかった。

夜帰宅しても被害の大きさが伝わってこず、通常通りの夜だった。

その夜、日経平均が10600円に上がっていて、株価に影響が無かった(記憶では)。

被害がたいした事が無く、株価が上昇に転じると感じた私。

ショートポジションをやめて、逆のロングポジション(株価が上がれば儲かる)に変更。

翌朝12日、だんだんと東北の被害状況が明らかに。

当然株価は急落。ストップ安。

−2000円以上の急落。8000円台!

更なる下落を恐れて決済。

結果、貯金は500万から100万ぐらいまでに。400万円が消えた。

オワタ。

オワタ。

 

 

今思えば、マイナスにならなかった事が不幸中の幸い。

破産した人は多かったと思う。

命を失くした人ひともいただろう。

 

一命を取り留めた私は、二度と投資はしないと心に決めたのでした。

どんな事にも当てはまりますが、素人が金儲けに手を出すと痛い目に合うよーと言う話でした。

 

 

もう一つが、片手間では稼げないというお話です。

2008年〜2010年頃、情報商材が流行りだし、稼げるという甘い言葉にまんまと飛びついた私。

適当な商材から真っ当な商材もあったと思う。

色々な商材に手を出しては、結果が出ず失敗という結果を生み続けた。

テキトウな商材ではどう頑張っても成功は生まれない。必然。

真っ当な商材でも片手間感覚の私が取り組んだところで結果は出ない。必然。

 

副業感覚で取り組むと、成功は来ない。

一日1時間ぐらいやったところで結果はいつ出るだろう?

スポーツでもそうだけどある程度身に付くまでは量をこなさなければならない。

長い期間結果のでない暗いトンネルを進む根性が私にあったのだろうか?いや無い。

まして社内でも選りすぐりのダメサラリーマン。

私が片手間で出来たら、誰でも出来てしまう。

誰でも出来る事で大きく稼ぐ事は出来ない。

これ当然。

人生を変えるんだという決意と、やり続ける根性が必要だった。

この2つが私には無かったな。

 

 

 

 

会社を辞めれない理由

p1130681

入社して10年ずーと会社が嫌だった。

辞めるなんて考えは無かった。

辞めるとなるといろいろ面倒くさい。

 

各部署へお世話になった関係者への挨拶。

部署での送別会。

同期からの送別会。

最終日のお別れ会と挨拶。

花束贈呈。

 

今まで辞めた人を送り出してきたが、辞める明確な理由があればいい。

やりたい事があっての退職。

他者への転職。

女性の寿退社。

女性の妊娠。

 

私には無い。理由が。

私が辞めたら哀れみの目で見られるだろう。

会社の業務についていけなかったのね。

上司に怒られるのがイヤダから辞めるんだ。

 

ネガティブ退社と思われるだろう。

どんな内容でお別れの挨拶をすればいいのか?

どんな顔で花束を受け取ればいいのか?

 

そんな考えがあり退職する気もなく。

惰性で10年経ってしまった。

今思えば、サラリーマン(会社員)の常識って狭いと思う。

仕事イコール何処かの企業に就職。

転職すると聞けばどこの会社に行くの?

会社を辞めると聞けば次はどの会社に?

そんな常識に捕われていて視野が狭かったな。

 

もう一つは環境の変化に対する恐怖。

会社員でいる事は安定、安心の拠り所。

大手会社名は自分のアイデンティティー。

毎月決まって振り込まれる給料。

成果がなくとも年に二回のボーナス。

 

それらが無くなる恐怖。

子供が大きくなるにつれて必要になるお金。

読めない来月の収入。

当然不安になる。

特に女性に多い考えかも。

私の妻も、私が休職中に何度か泣かせてしまった。

旦那が休職している事に対する不安。

近所や親戚の目に気にする事もあったと思う。

申し訳ない。

でも必ず家族を食わしていく覚悟が出来たと思う。

家族を泣かせない。

嫁に並以上の生活をさせてやる。

子供に並以上の教育をほどこしてやる。

 

会社員で毎月給料をもらっていること。

動物園で例えると毎日エサを貰っている動物だ。

動物園は狭くて、不自由で、大勢の客でストレスいっぱい。

でも逃げない。脱走しない。

不満はあっても、生きていける。

飢餓は免れる。

サラリーマンは動物園の動物だ。

 

動物園で我慢するのか?リスクを背負って脱走するか?

かっこいい事言ってますが私は動物園を追い出されたんですがw

 

病気で1年間エサを貰いつつ、園外での生活の為の準備をしていた。

 

動物園から放たれた自分はすぐさまエサをありつける場所へ移動。

その場所はすでに調べていた。

エサの捕獲方法も習得済み。

こうやってあーすれば・・・ガブッ!

家族を養えるエサをゲット。

エサの場所やエサの捕獲方法も変化していくだろう。

未来永劫エサを得る場所も、方法も無い。

日々勉強、日々習得。時に師匠について習う。

野生の世界は甘くない。

 

 

 

 

 

休職サラリーマン

休職へ

2015年冬から私は会社を休んだ。

あなたの会社には休職中の社員はいます?

私の会社にはだいたいの部署にいます。

同じ部署にも1人ぐらいは絶えずいました。

もちろん産休とかではなく。

多くは1年休み、しれっと復職します。

最後の挨拶に来られて辞めて行く方も。

 

私も当時はまさか自分が休職するなんて、考えても無くて。

あ〜可哀想だな。

そんな兆候無かったのにな。

ぐらいしか思ってなくて。

 

昔、休職→復帰した後輩に休職中の事聞いたんです。

休職中どうなの?って。

まず経済的な事。

休んだ方が稼げるw

何でだよって感じですが、今なら分かります。

会社によっても、健康保険によっても違うと思うので参考程度に聞いてください。

健康保険から休職する直前の70%が貰えました。

例えば残業込みで月給20万円の場合、

70%貰えるとしたら200000×0.7で約14万と思うじゃないですか。

でも違うんです。

日給の7割を月の日数で掛けた額を貰えます。

月給20万円の稼働日は20日なので日給1万円。

1万円×0.7×30(日)=21万円

 

月給20万円の人が休職したら、保険金が毎月21万貰えるといること。

これっておかしくないですか?

土日も貰える計算なんです。

休んだ私が言うのもなんですかw

 

あと私の場合、更に任意で入っていた別の保険があって、

年100万円ぐらい保険金が入りました。

休職保証として。

掛け金は2000円/月程度。

これから休職予定の方は保険に入っておく事をおススメします。

 

もう一つ休職経験者に聞いた事。

なにやってたの?

答えは暇みたいですw

そいつはパチンコ言ってたみたい。

 

私が伝えられる事。

会社生活がつらく、どうしようもない方に対して。

こんな生き方もあるよ。

意外と大丈夫だよ!

という事を1人にでも伝えられればと。

 

辛い人は逃げるのも一つの手だと思います。

人身事故で電車に遅れが頻発する昨今。

逃げるは恥だが…

生きなければいけない!

会社なんかに人生を終わらされてたまるか!

サイコパス上司に人生を終わらせてたまるか!

 

生き方は無限だ。

会社員はその中の一つでしかない。

個人事業主、会社経営、主夫…

 

このブログではダメサラリーマンの休職退職個人事業主会社経営ルートをお伝えできると思います。

休職期間に退職後の生き方・稼ぎ方を構築し、颯爽と退職する。

退職後、即自分で稼ぎだす。

再現性があるか不明です。

でもこんな生き方もありだなと思ってくれたら、あなたが再現できる可能性は高まると思います。

 

今日はここまで!

 

 

会社から逃げるサラーリーマン

つづきますw

 

昇進もできない。

会社のお荷物。

自分に対して心の声で何度も暗示をかけていた。

ダメなやつ、くずなやつ。

上司からも時に言われて。

悪い方に自己催眠をかけていた。

 

今思えば心がおかしかったかも。

10年近くも我慢してたなー

もっと早く辞めてれば良かったとも思うけど。

 

当時は会社辞めることは負けだと思ってた。

親に大学出させてもらって、仕送りしてもらって。

いわゆる大企業に入る事ができて。

定年まで迎えて、退職金もらって、年金生活。

この当たり前のラインをはみ出す事はダメな事。

そう思っていました。

 

でも!

ラインをはみ出したら、意外と問題なかった。

生きるだけなら何とかなる。

決意さえ有れば。自分で稼いで家族を養う!

 

会社から逃げる話。

大事なプロジェクトの資料を提出しなければいけなかった。

上司に提出する期日は迫っていた。

ほとんど出来ていなかった資料。

オレ資料なんか作れないよ。

何年目の社員だよw

その状況がばれた時、上司にも言われたよ。

3年目の後輩より出来が悪いって。(今は当然と思う)

まーボロクソに言われた。(今は当然と思う)

辞めろ!とまで。(当然!)

今思えば適切なアドバイス!だけど、当時のラインからはみ出してはいけない考えの私には。

死刑宣告に過ぎなかった。

もうダメだ。

終わりだ。

未来すべてを失う恐怖。

 

翌日の朝、会社の前まで来た私。

会社に入れない私。体が進まない。

始業の時間。

係長に電話。体調不良で・・・

その日は仮病で逃げた。

その翌日は連絡もせず。

電話がかかってきたら怖いので機内モードに。

嫁には会社行くふりして家を出て、図書館へ。

逃げた事の罪悪感ハンパ無しw

夜まで時間をつぶし、普通のふりして帰宅。

罪悪感ハンパ無しw

 

3日ほどして嫁の電話に私の親から電話。

会社から親に電話が有り、親が私に電話しても繋がらないので嫁に電話。

嫁は私が通常通りの生活をしていると思っている。

 

全てがばれた!

 

親、嫁に全てを話した。

上司とも話し、いろいろあり休職する事に。

 

会社を休むには有給を使う。

有給が無くなれば、医者の診断書が必要。

私は心療内科に向かった。

 

検索して家から一番近い心療内科へ。

小さい病院なのに患者が結構いるw

日本は心の病人だらけなんですねぇ。

お前もだろって言われそうだけど。

自分では病人と思っていないんですね。

会社休む為の手段として診断書をもらうだけ。

 

おじいさんの様な先生?カウンセラーみたいな人と話す。

会社の事を詳細に。

なんか話を聞いてくれるだけで涙が。

 

結果、一ヶ月会社を休む診断書が出た。

簡単に。こんなんでいいの?

 

またづづきますw