meta charset="UTF-8"> 【Amazon】FBA納入送料が無料に!条件やデメリットのまとめ | 会社ダッシュツ

【Amazon】FBA納入送料が無料に!条件やデメリットのまとめ

嬉しビックリなニュースです!

Amazonを利用して大口出品をしている方にとって衝撃的なニュースです。

Amazon倉庫への送料が条件を満たせば無料になります。

詳細・条件をまとめましたよ。デメリットも最後にまとめてあります。


スポンサードリンク

スクリーンショット 2017-02-06 0.01.29

何が無料?

Amazonで販売するにあたって、販売方法が2つあります。

1つは、出品者から購入者へ直接送る方法。

2つは、あらかじめ商品をAmazonへ納入しておき、注文が来たらAmazonが梱包・発送する方法。

今回無料になる部分とは、2つ目のあらかじめ商品をAmazonへ納入するときの送料です。

いままでは当然、出品者負担でした。

私の例でいうと、最近は古本を多くAmazonへ納品しています。

週に1〜2回、1回当たり1500円。

配送はヤマト便で送っていました。

月に換算すると6回で9000円程度の送料負担でした。

私の場合で年間10万円以上のコストダウンになりますね。

それが無料!

ありがたいです。

FBA発送を促進する狙いだと思いますが、裏が有りそうでちょっと怖い。

 

無料になる条件とは?

永久無料では残念ながらございません。

期限が設けられております。

 

期限内に納品プランの作成・発送

2017年2月1日〜2017年12月31日

今年中に発送されないとダメです。納品プランを2017年12月31日に作成し、2018年1月1日発送ではダメなようです。

お気を付けください。

 

大口・小口出品者問わない

FBAを利用すれば誰にでも適用されるようです。

 

FBAパートナーキャリアで発送する

FBAパートナーキャリアとは、Amazonと郵便局との間で決めた割安な料金で発送できるサービスです。

個人でゆうパックを使って発送するよりは割安です。

ゆうパック価格の2割引程度。

私はヤマト便を知ってからFBAパートナーキャリアを一度も使ってません。

ヤマト便は今のところ最強です。

2018年からまたお世話になりますw

今年はFBAパートナーキャリアにお世話になります。

実際もうすでに利用しておりまして無料発送中です。

スクリーンショット 2017-02-06 0.34.40

 

10点以上納入する(大物は1点以上)

納入商品点数の条件が有ります。

1回の納品で10点以上ないとダメです。

 

FBA納品先指定を解除する事

Amazonの倉庫は日本中に有り、納品先を指定しないとアマゾンの判断で納品先を決められます。

そうすると納品先が分かれてしまい送料が余計にかかってしまいます。

それが嫌で多くの出品者は倉庫を指定しています。

今回送料を無料にするから納品先の指定を解除してほしいと。

倉庫によって納品量がばらつくので、それを解消したいのかな?

小田原の倉庫はよく納品が滞っているようです。

関東の出品者は割と近い小田原を指定するからね。

ここがアマゾンの本音かも。

在庫を均一に持ちたい。


スポンサードリンク


 

デメリット

納入に時間がかかる

FBAパートナーキャリア (PC)で送ると到着まで遅い。

ヤマト便であれば翌日昼には納品されていたけど、PCは翌々日の昼に納品。

無料になったから荷物が多かったのか?

もう少し様子見です。

 

梱包を発送先ごとに分けなきゃならない

今後、商品によっては発送先が分かれてしまうので、発送先ごとに梱包を分ける必要が有るね。

 

郵便局に持ち込まなければならない

家まで荷物を取りにきてはくれない。

ヤマトなら電話でお願いできたのに。

安さには裏がある。

車が無い人には大変かもしれない。

 

以上、送料無料化の条件まとめとデメリットでした。

ご覧頂きありがとうございました。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*