meta charset="UTF-8"> アパホテル火災!現住建造物等放火未遂容疑で逮捕!罪は?なぜ未遂? | 会社ダッシュツ

アパホテル火災!現住建造物等放火未遂容疑で逮捕!罪は?なぜ未遂?

P1220241

アパホテルでボヤです。

11日午前8時頃、新宿区歌舞伎町「アパホテル」にて出火。

5階客室のマットレスなどが焼けたとの事。

その影響で40人の宿泊客が避難する事態に。

警視庁新宿署は現住建造物等放火未遂容疑で50代男性を逮捕。

刑務所に入りたい男性は罪を認めています。

彼は無事刑務所に入れるのか?

マットレスが燃えているのに、なぜ放火未遂なのか?

現住建造物等放火はどの程度の罪なのか?

調べました!


スポンサードリンク


現住建造物等放火は重罪!死刑と同等レベル

wikiによると、

現住建造物等放火罪の法定刑は死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役と規定

で、殺人罪と全く同程度の罪らしいです。

火災で人が亡くならなくても死刑の可能性があります。

よっぽど可能性は低いですが。

木造家屋が多かった日本では容易に延焼し、被害が大きくなるからとの理由で重罪になっています。

現住建造物とはなにか?

犯人以外に日常使用している建物をさします。

多くの宿泊者がいるホテルは現住建造物ですね。

現住建造物放火罪の未遂は刑法112条で処罰

今回のアパ火災は未遂です。

未遂が付く付かないではどう違うんでしょうか?

付かないと上記のように懲役5年以上で死刑もありえます。

調べた所、未遂が付いても大きくは違わないそうです。

放火罪の既遂・未遂はあくまでも「焼損」の有無によって決せられるそうで、

犯人がやった事は同じで、結果(火災の被害状況)だけがが違うからです。

未遂犯は刑の任意的減軽事由(刑43条本文)なので、現住建造物等放火未遂は最低懲役2年6月となります。(yahoo!知恵袋よりw)

懲役年数が軽減される違いは有る様ですが、どちらも重罪です。


スポンサードリンク

最後に

犯人の50代男性は知恵が有る様です。

望み通り間違いなく刑務所に行けてしまいます。

寒さを凌ぎたかったのでしょうか?

ご飯を安定して提供されたかったのでしょうか?

なんだか再犯の気がします。

刑務所の中が彼のコンフォートゾーンなのでしょう。

彼にとっては刑務所の外は生きにくいのでしょう。

ぜひ刑務所では本を大量に読み、知識を得てほしいです。

知識が世の中の見方を変え、見えなかった物が見えだす。

そして人生の目標を見つけてほしいです。


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*