meta charset="UTF-8"> 【動画あり】那須川天心と戦うフェデリコ・ローマは強い?【RISE】 | 格闘筋肉

【動画あり】那須川天心と戦うフェデリコ・ローマは強い?【RISE】

0_BxB90sTp6Somu3H7

メイウェザーとの闘いが終わり、早速次戦が決まった那須川天心。

対戦相手はRISEにてフェデリコ・ローマ。

どんな選手で、どの程度の強さなのか?

調べましたのでご覧ください。


スポンサードリンク

天心VSフェデリコ・ローマの日程・試合・開催場所について

開催日程:3月10日

開催場所:東京都大田区総合体育館

興行:RISE WORLD SERIES 2019

58kg級で8人でのトーナメントが開催され、3月10日は1回戦のみ行われる。

つまり8人中4人が勝ち上がり、後日開催される準決勝へ進むことができる。

優勝賞金は1000万円とキックボクシングの賞金としては破格。

天心にとってはそこまでのモチベーションにはならないだろうが、

参加する特にタイ人にとっては魅力的でしょう。

彼らにとっては3000万円ぐらいの価値かな。

天心と対戦するフェデリコ・ローマの戦績・強さとは?

ローマはアルゼンチン人の33歳。

保持タイトルはWKN世界ムエタイ58kg級王者。

戦績は63勝4敗1分けでKOは31です。

WKNとはWorld Kickboxing Networkの略で

フルコンタクトルール、

K-1ルール、

ムエタイルールがあり、それぞれにチャンピオンを置いている。

つまりこだわりの無いごちゃまぜ団体のようである。

まるで味噌ラーメンもとんこつラーメンも作るラーメン屋。

儲かるなら何でもやるよ的な。

英語のこちらの記事によるとローマはスーパーバンタム級でK-1ルールとムエタイルールの二冠だそう。

どちらもスーパーバンタム級のチャンピオンとなっています。

RISEの発表によるとWKN世界ムエタイ58kg級王者、

WKNのオフィシャルサイトでもスーパーバンタム級ですね。

この場合はWKNを信用して、RISEの発表は嘘だと思います。

天心の相手がスーパーバンタム級王者と表記するとどうなるか?

階級下の選手を連れてきて、天心に勝たそうとしていると批判されます。

批判を恐れて58kgというおかしな表記をしたのでしょう(推測)。


スポンサードリンク

天心と対戦するフェデリコ・ローマの試合動画

youtubeにアップされている試合映像を見てみましょう。

2017年10月に行われた試合です。白パンツがローマです。

身長は不明ですが見た感じ高くなくこの階級なら普通。

サウスポーで天心とはサウスポー対決となります。

サウスポーの選手は相手がサウスポーの場合、極端に弱くなる選手がいます。

相手がオーソドックスの場合は生き生きと試合をしているのに、

相手がサウスポーの場合、何をすれば良いのか分からなくなる。

得意の左の蹴り、左のパンチがサウスポー同士だと当たりにくいからです。

いかにサウスポー相手にスパーリングをしてきたか大事だそうです。

魔裟斗が言ってました。

動画を少しでも見ればお分かりになるように、攻撃のスピード、威力は天心に及ばず低いです。

今まで天心が戦ってきた一流のムエタイ選手と比べると物足りないですね。

体格もスーパーバンタム級から上げてきているので、天心に対してアドバンテージなし。

まとめ

スピード・パワー・テクニックすべてにおいて天心より下です。

体格も同じぐらいでしょう。

1000万円が懸かったトーナメントの一回戦で天心が負けるわけにはいかないです。

私がRISEの主催者なら天心のために確実な相手を選びます。

世界タイトル(自称)を保持していて見栄えの良い手頃な相手はいないかなー

で選んだ選手だとおもいます(ローマ選手ゴメンナサイ)

天心には確実に勝って、次戦のスアキムや、決勝で当たる可能性のあるロッタンとの

一流どころとのすばらしい試合を期待します!


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*