meta charset="UTF-8"> 会社から逃げるサラーリーマン | 会社ダッシュツ

会社から逃げるサラーリーマン

つづきますw

 

昇進もできない。

会社のお荷物。

自分に対して心の声で何度も暗示をかけていた。

ダメなやつ、くずなやつ。

上司からも時に言われて。

悪い方に自己催眠をかけていた。

 

今思えば心がおかしかったかも。

10年近くも我慢してたなー

もっと早く辞めてれば良かったとも思うけど。

 

当時は会社辞めることは負けだと思ってた。

親に大学出させてもらって、仕送りしてもらって。

いわゆる大企業に入る事ができて。

定年まで迎えて、退職金もらって、年金生活。

この当たり前のラインをはみ出す事はダメな事。

そう思っていました。

 

でも!

ラインをはみ出したら、意外と問題なかった。

生きるだけなら何とかなる。

決意さえ有れば。自分で稼いで家族を養う!

 

会社から逃げる話。

大事なプロジェクトの資料を提出しなければいけなかった。

上司に提出する期日は迫っていた。

ほとんど出来ていなかった資料。

オレ資料なんか作れないよ。

何年目の社員だよw

その状況がばれた時、上司にも言われたよ。

3年目の後輩より出来が悪いって。(今は当然と思う)

まーボロクソに言われた。(今は当然と思う)

辞めろ!とまで。(当然!)

今思えば適切なアドバイス!だけど、当時のラインからはみ出してはいけない考えの私には。

死刑宣告に過ぎなかった。

もうダメだ。

終わりだ。

未来すべてを失う恐怖。

 

翌日の朝、会社の前まで来た私。

会社に入れない私。体が進まない。

始業の時間。

係長に電話。体調不良で・・・

その日は仮病で逃げた。

その翌日は連絡もせず。

電話がかかってきたら怖いので機内モードに。

嫁には会社行くふりして家を出て、図書館へ。

逃げた事の罪悪感ハンパ無しw

夜まで時間をつぶし、普通のふりして帰宅。

罪悪感ハンパ無しw

 

3日ほどして嫁の電話に私の親から電話。

会社から親に電話が有り、親が私に電話しても繋がらないので嫁に電話。

嫁は私が通常通りの生活をしていると思っている。

 

全てがばれた!

 

親、嫁に全てを話した。

上司とも話し、いろいろあり休職する事に。

 

会社を休むには有給を使う。

有給が無くなれば、医者の診断書が必要。

私は心療内科に向かった。

 

検索して家から一番近い心療内科へ。

小さい病院なのに患者が結構いるw

日本は心の病人だらけなんですねぇ。

お前もだろって言われそうだけど。

自分では病人と思っていないんですね。

会社休む為の手段として診断書をもらうだけ。

 

おじいさんの様な先生?カウンセラーみたいな人と話す。

会社の事を詳細に。

なんか話を聞いてくれるだけで涙が。

 

結果、一ヶ月会社を休む診断書が出た。

簡単に。こんなんでいいの?

 

またづづきますw

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*