meta charset="UTF-8"> 福島原発と玉川温泉の放射能線量は?ホルミシス効果で健康・安全? | 会社ダッシュツ

福島原発と玉川温泉の放射能線量は?ホルミシス効果で健康・安全?

http_i.huffpost.comgen1643716imagesn-FUKUSHIMA-NARAHA-628x314

読書家見習い・武者修行中のケントです。

最近、全く異なる本を読んだ。

一つは原発事故発生時の不手際で多くの被害が出た、事故の原因を掘り起こす内容の本。

もう一つは放射能は安全であり、さらに健康になるよという本。

どちらも放射能について語っているが、

放射能は危険だという考えをベースに,、なぜ深刻な被害が出てしまったのかを掘り下げている本と、

放射能は安全だし福島は無害だよという本。

どちらの本も素晴らしい本だし是非合わせて読むことをオススメします。

片方だけ読んで知った気になってはダメだなと思った。


スポンサードリンク


烏賀陽陽一氏『福島第一原発 メルトダウンまでの50年

すばらしい本でした。

地震発生後から現場や政府がどの様に動き、

なぜこのような大事故につながっていったのか。

厚めの本なのに素人の私でも非常に読みやすく理解できた。

事故の50年まえから事故の原因があると掘り下げられていた調査力には脱帽です。

ダウンロード

アマゾンでは品切れで定価以上で販売されています。(20171113現在)

5000円では買うのはバカバカしいので補充を待ちましょう。

図書館にもあるかもね。

この本は当然放射能は危険をベースに作られています。

放射線が安全と思ったら東京電力や政府を批判する必要ないしね。

著者の烏賀陽弘道さんは面白いおっさんです。

京都大学経済学部卒業し、朝日新聞記者になったのに、フリーでジャーナリストをしています。

原発を批判しているのでマスメディアには取り上げられません。

youtubeで動画配信もしておりかなり面白い。おすすめです。



スポンサードリンク

『知って安心する放射能と健康のはなし』川嶋朗、服部禎男

福島に対して悲観的になっていたところにこの本。

福島は危険じゃないし安全。もっと放射能が強いほうが健康に良い、と。

危険論者にとっては聞くに堪えないかも。

この本で今までの常識がひっくり返りました。

低線量の放射能はホルミシス効果で健康になると。

政府が決めた放射能に対する基準は年間1ミリシーベルト。

この本では放射能を年間100ミリシーベルト浴びることを勧めていますw

100倍違うどころでない。

1ミリは危険と100ミリは健康。

天と地ほど違う。

お友達になれないレベルw

著者川嶋氏によると、

11マイクロシーベルトを24時間浴びて一年で100ミリシーベルトになるそうです。

この環境で健康になると。

ちなみに福島にあるあの黒い除染ゴミ。

この周りで5マイクロシーベルトだそうです。

この黒袋の周りで生活しても年間50ミリシーベルト。

少なすぎるとw

無害。健康にもなれない。

もっと高い線量が欲しい。

秋田の玉川温泉で毎時10マイクロシーベルト。

玉川温泉で生活できたら最高ですね。

年間100ミリシーベルト達成できそうです。

骨で例えると、大きい力で叩けば折れてしまうが、

コツコツと叩き続けると骨は強くなる的な。

最後に

放射線は見えない悪魔なのか、

人間を健康にする恵なのか。

結論を下すには私の知識は少なすぎる。

でも福島は安全、住んでも大丈夫だとしたら幸せだな。

武者修行日記

5日目も無射精達成です。

無射精で100日を目標に、性エネルギーを人生のゴールに有効活用する一人企画。

まだプラシーボ効果ですが自信が出てきた感じ。

受付の女性にも堂々と対応ができていると気づく。

 

11月12日は来来亭の10周年記念らしく、

一杯食べたら、一杯無料券がもらえる日。

ジムで運動後、来来亭のこってりラーメンが好きな私は一人で行きました。

一日の食事はこの一杯のみ。

睡眠は9時間。寝すぎました。

運動疲れと昨日の三時間睡眠の影響でしょうか。

それでは今日も武者修行!

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*