meta charset="UTF-8"> Krush FUMIYA選手の経歴は?水泳と介護士とフィジカル | 会社ダッシュツ

Krush FUMIYA選手の経歴は?水泳と介護士とフィジカル

ダウンロード (1)

krush.86にて中村広輝選手とベストファイトを魅せてくれたFUMIYA選手。

ダウンを奪いあう素晴らしい試合でした。

中村選手という強い選手をバックブローでクラッシュ。

水泳で培った圧倒的なフィジカルに端正なルックス。

ジュニアオリンピックに出ていたという経歴も気になります。

今後ますます人気が上がっていくだろう選手です。

検索してもFUMIYA選手についての記事が無かったので、

彼の経歴や仕事について調べてみました。


スポンサードリンク


FUMIYA(加藤史哉)選手の経歴

本名:加藤史哉

1994年05月09日生まれの24歳ぐらい。

埼玉県川口市のポゴナ・クラブジム所属。

柔道整復師資格持ち。

木曜日20時から22時のクラスのコーチを担当中(ジムHPによる)。

大宮東高校卒(普通科のほかに体育科を擁し、50mプールあり。ハライチ澤部も出身!)

東京柔道整復専門学校卒で、この学校の卒業生はクリニックや整形外科、

接骨院やデイサービス・介護施設に多く就職しているようです。

FUMIYA選手は『戦う介護士』と呼ばれている通り介護士です。

2017年3月プロデビュー。

格闘技をはじめたのが2014年とのこと。

たったデビュー一年でKrush時期挑戦者に王手です。

恐ろしい成長。

格闘技に出会う前のアスリートとしての実績がこの成長の原動力なのでしょう。


スポンサードリンク

Krush FUMIYA選手の水泳での実績

JOCジュニアオリンピックに出場しています。

検索するとこんなのが出てきました。

http://swim.seiko.co.jp/2003/S70612/ranking/R274.pdf

第26回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季競技大会での結果表です。

小学三年生で50m平泳ぎを40.57秒で泳ぎ、75人中24位。

私なんか中学生時代にクロールで40秒程度でした…

因みにジュニアオリンピックとは、

将来のオリンピック選手育成を目的として行う若年層向けスポーツ競技大会

とのwiki情報です。

水中だけでなく陸上でも早いようで笑、

陸上800m 1分55秒63 関東大会出場。

私なんか3分弱です…

FUMIYA選手の強靭なフィジカル

65㎏で戦っているFUMIYA選手。

試合の前日計量ではもちろん65㎏。

翌日の試合では72kg!にリカバリーするそうです。

私も経験があるんですが3kgしか戻りませんでした。

こんだけ戻るのは筋肉量が多く脱水量が多いんでしょう。

次戦はKrush65kg王座挑戦者決定戦vs篠原悠人

次戦の篠原選手とは試合時のサイズがかなり違います。

篠原悠人選手と再選になりました。

Krush -65kg次期挑戦者決定トーナメントの決勝でですね。

この動画はKHAOS.4 2017年10月14日(土)新宿フェイスでの試合です。

実力差というかスピード差がかなりありますね。

当時はまだデビューして半年、3戦目ぐらい。

ものすごい成長を感じた中村戦。

再篠原戦ではさらにものすごい成長を見せてくれるでしょう!

最後に

トップクラスのアスリートが21歳から格闘技を本気で取り組んだらどうなるか?

この問題の回答をくれるのがFUMIYA選手。

彼の試合は見逃し厳禁です!

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*