meta charset="UTF-8"> ジョーKO!亀田京之介と元世界ランカーのスパーリング映像(動画) | 会社ダッシュツ

ジョーKO!亀田京之介と元世界ランカーのスパーリング映像(動画)

スクリーンショット 2017-07-17 11.05.20

亀田一族最恐の遺伝子、亀田京之介。

こいつはヤバいですね。

チンビラにボクシングをやらせたらこんなん出来ました的な。

根はもしかしたらいい奴かもしれませんが、

近づきたくない人種です。ガン付けられたらシュンとなってしまう。

ユーチューバーであるジョー。

彼もイケイケの若者ですが、彼も亀田京之介のガン付けに飲まれていました。

ジョーと亀田京之介のスパーリングは2R。

ジョーの大振りフックが何度か入り良かったんですが、

結果的には左アッパーで顎を上げらた直後の右ストレートでKO!

大量の鼻血噴出!

悔しい負けでした。

そんな最恐・亀田京之介について調べました。

また元世界ランカーとのスパーリング動画を見つけたので紹介します。


スポンサードリンク


ジョーVS亀田京之介スパーリング動画

参考までにジョーがKOされる動画です。

0:40〜がジョーと京之介の絡みです。

年上に対して上から目線、ジムではオレの方が上だ。

亀田家をバカにしていたジョーに対しては敵意むき出しです。

自分の力を見せつけ、ジョーを懲らしめないと気が済まない感じです。

初対面風に装っていますがw

11:00〜がKOシーンです。

亀田京之介VS元世界ランカーのスパーリング動画

元世界ランカーとは久高 寛之選手。

200px-Hiroyuki_Hisataka

32歳で大阪の仲里義竜ボクシングジム所属。

2008年WBA世界フライ級王者坂田健史と対戦。判定負け。世界挑戦失敗。

2009年敵地タイにてWBA世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチット(タイ)に挑戦。

不審な計量、ダウンを取ってもスリップ扱いな不審なレフェリー。

疑惑の判定負けで王者奪首ならず。

2010年には階級を上げての3度目の世界挑戦。

WBA世界スーパーフライ級王者ウーゴ・カサレス(メキシコ)に挑戦。

判定負けで残念な結果となっています。

未だに現役ですが、最近の5試合では2勝3敗となっています。

2017年8月30日には井上拓真選手と試合が決まっています。

井上モンスター尚弥選手の弟です。

そんな現役ベテランの久高 寛之選手と亀田京之介選手とのスパーリングです。

1分30秒の短い動画です。

元世界ランカーに対して攻撃力では上廻っています。

細かいテクニックでは敵わない感じですが。

お互い譲らない、いいスパーリングです。


スポンサードリンク

最後に

ジョーには基礎体力、スタミナをつけて亀田京之介に再戦して勝ってほしい!

練習のスパーリングでダメージを負ってはいけない。

ヘッドギアをもっと安全なタイプに変えるべきである。

現在ジョーが使用しているヘッドギアのタイプ

オススメのタイプ

これなら鼻血は出ないし、頭部のダメージも小さくなる。

プロを目指すなら必須です。ちょっと高いけど。

ジョーが京之介に勝つまで応援したい!

プロに成るか成らないかはどうでもいいw


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*