meta charset="UTF-8"> PTとは?ヘイトスピーチ規制で大阪弁護士会が設立!メンバーは誰? | 会社ダッシュツ

PTとは?ヘイトスピーチ規制で大阪弁護士会が設立!メンバーは誰?

いつのまにかヘイトスピーチという言葉が定着しましたね。

コトバンクによると、憎悪に基づく発言をヘイトスピーチと言うのだそうです。

 定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるものを誹謗・中傷、貶す、差別するなどし、さらには他人をそのように煽動する発言(書き込み)のことを指す。

定義は固まっていない!?

相手の欠点を本人に伝える事はどうなるのかな?

この定義だと相手の受け取り方によってはヘイトスピーチになってしましそう。

定義があやふや、相手の受け取り方によってどうにでもなるヘイトスピーチ。

やめませんか?ヘイトスピーチ。

 

こんなニュースが飛び込んできました。

大阪弁護士会が「ヘイトスピーチ対策推進プロジェクトチーム(PT)」を発足させたそうです。

PTとは何ですか?

特定の民族や人種への差別をあおるヘイトスピーチ問題に取り組むため設立

だそうです。納得できます?

設立動機には被害者が決まっている感じ。特定民族、特定人種。

大阪弁護士会にとって被害者は日本にいるマイノリティー民族。決して日本人じゃないそう。

被害者:中国、韓国、北朝鮮、etc…

加害者:日本人

こんな感じですかね。

 

例えば、3月30日大阪の条例違反だとして投稿動画3件が削除されましたね。

条例名は「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」。

2013年に大阪市内であったデモ1件と街宣活動2件を撮った動画を、投稿サイト「ニコニコ動画」で不特定多数が視聴できる状態にした行為。いずれも投稿者の氏名や住所は特定できなかったが、既にデモの動画は削除された。動画では差別的な意味で昆虫に例えたり、脅迫したりする発言が繰り返されており、在日韓国人・朝鮮人を日本社会から排除する目的だったと認定。
引用元

ここでも在日少数民族が被害者だそうです。

PTは何をする?

PTには今後、大阪弁護士会の弁護士約20人が参加する予定。国や自治体の取り組みを調査し、施策の導入や改善策を提言する。また、学校などに弁護士が出向いて民族差別の歴史的な経緯を教えたり、弁護士会に相談窓口を設けたりすることも検討している。

在日中国、朝鮮人の為にがんばって働くぜ!ってことです。

民族差別の歴史を教えるなら物事の両面を教えてほしいです。

在日外国人の犯罪史や民族別犯罪数も事実として教えるべき。

さぜ差別されたのかをほりさげてほしい。もしかしたら理由・原因があるかもね。

PTのメンバーは誰?

PT発起人は大橋さゆり弁護士。

こんなお方です。

staff1画像・プロフ引用元

●プロフィール

1963年 生まれ / 静岡県浜松市出身弁護士登録:1999年4月

●経歴
1988年 3月京都大学法学部卒業
1988年 4月京都府宇治市役所職員(1993年3月まで)
1997年 4月第51期司法修習生(実務修習地・大阪)
1999年 4月大阪弁護士会登録、河上泰廣法律事務所に勤務
2002年 8月大阪ふたば法律事務所を開設

●著書

2007年 3月「拷問等禁止条約をめぐる世界と日本の人権」(明石書店)共著

2010年10月「すぐそこにある貧困 かき消される野宿者の尊厳」(法律文化社)共著

2010年12月「スウェーデンとオランダに学ぶ 人を大切にする社会システム」(アットワークス)共著

2014年 2月「Q&A 生活保護利用者をめぐる法律相談」(新日本法規出版)共著

2014年12月「弁護士・社労士・税理士が書いたQ&A 労働事件と労働保険・社会保険・税金 加入・解雇・未払賃金・労災」(日本加除出版)共著

 


スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*